« 野村証券の噂はホントだった? | トップページ | 補選自民敗れる、ココは麻生総理しかない »

2008/04/17

2007年度 国内株式投信vsダメ協証券

Pugya_2
モーニングスターによると
2007年度の日本株投資信託136本の
騰落率を調べたところ

全ての投資信託がマイナス運用
となっていたとのこと。

上位20位の投信でも20%を超える下落、
去年の4月に国内株式投信に投資して、
今年の4月までホールドした投資家は
全て含み損という悲惨な結果に
オールマイナスの中で頑張った部類に入るのが、
任天堂株に投資していたファンドとの事。

ダメ協証券も去年末まで任天堂買いメインだったので、
何とか2007年度はプラス(+8.9%)で終われました。
…ホント任天堂様には足向けて寝れません。
(まぁ現在は任天堂株持ってませんが・・・買いは5万以下待ち)
サブプライム問題も何とか乗り切ったみたいです

2007年度 主な投資プラス銘柄
任天堂 ドワンゴ・壱番屋・ハドソン
2007年度 主な投資マイナス銘柄
バンダイビジュアル・角川GHD・メガチップス
(特にバンダイビジュアルはナンピンナンピン特攻でかなりやられました)
ホント、任天堂無かったら3割以上資産減らしていたと思うと・…

ありがとう岩田社長
さて、2008年度は…・今年は年末ぐらいまでダメだろうね…・
特に政治がゴタゴタしている間は特に

8416
ポジションは麻生総理期待銘柄に資産の20%程度で留めておく。
(現金ポジ多めで放置、信用空売りはしない)
かといって、為替(FX)は怖いからなぁ… しかし今後の日本を考えると
日本円に資産集中するのもイヤだなぁ…


« 野村証券の噂はホントだった? | トップページ | 補選自民敗れる、ココは麻生総理しかない »

コメント

ファンド総合ランキングで、唯一プラスだったのが「京都・滋賀インデックスファンド」。
名前の通り任天堂が44%(07年末時点)も組み入れられていたファンドです。
ダメ協証券と通じるところがありますね。

投稿: エレパック | 2008/04/17 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84350/40909192

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年度 国内株式投信vsダメ協証券:

« 野村証券の噂はホントだった? | トップページ | 補選自民敗れる、ココは麻生総理しかない »