« リーマンショックも萌え系銘柄は影響薄? | トップページ | 毎日がブラックマンデー »

2008/10/03

任天堂 恐ろしい子

新型DS(DS-i)が10/2発表ありましたね。
先週(9/28日曜)の日経新聞でカメラ・音楽プレイヤー付きと
報道されたのを見た時【サプライズに乏しい】と感じたので
任天堂株は買わずに様子を見ようと決めていました。
(それまでは、4.5万切ったあたりが再参戦ポイントと思ってたけど)
任天堂よりソニーが来るかな?と思ってソニー株を
ダメリカ-777ドルショックの時に少し(200株)仕込む。

そして、新聞報道の通り新型DSが10/2に発表されたとたん
一気に4万台の大台を割り込み大幅下落。やっぱり市場も
サプライズなしと呼んだのでしょう。
-------------------------------------------
任天堂が大幅安――新型DSにサプライズなく、
市場からは厳しい声 08/10/03 10:55

 任天堂が大幅安。一時3100円安の3万6400円まで売られ、
連日の年初来安値更新。同社は2日、「任天堂コンファレンス2008秋」で、
ニンテンドーDSの新型機「ニンテンドーDSi」を11月1日に1万8900円で
発売すると発表。従来機にはない30万画素のカメラやSDメモリーカード
スロットを標準装備し、オーディオ機能などを搭載している。
ただ、事前報道からのサプライズがなかったためか、市場からは
手厳しい評価が出ている。日興シティグループ証券は3日付リポートで、
液晶サイズの拡大や厚みの縮小は評価するが、低解像度のカメラ、
音楽配信プラットフォームのないオーディオ機能はやや中途半端と指摘。
「DSライト」(1万6800円)より高価なことを考慮すれば、
09年3月期ピークアウトを前提とした従来ハード販売前提を変更する
必要はないとしている。
[ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ]
-------------------------------------------
まかりなりにも2年弱、任天堂株をアホールドしてた身としては
日経新聞の先行報道で【サプライズなしで叩き売られるかな?】と
感じてたし、AIGが任天堂のような日本の大型株を換金売りしている
流れがリーマンショックあたりから出ていたので手控えていましたが・・・
一気に4万切るとは・・・(9月には52000ぐらいで踏ん張ってたのに)
手持ちの株(特にブロッコリー)とかは壊滅的な打撃ですが、
任天堂45000あたりで任天堂買い勝負してたら完璧やられてた。
(45000切ると配当利率が3.5%以上になるので・・・・)
ある意味、任天堂自重したおかげで傷口は軽く済んでいます。
8x03

この地合、自重した方が良いですね・・・・まぁキャッシュ多めで
(資産の2/3)しばらく冬眠しておきます。
任天堂は配当利率が5%になるポイント
33000円前後まで叩き売られてたら考えます。
(まぁ直前になってチキンハートで買えないんだろうな)


« リーマンショックも萌え系銘柄は影響薄? | トップページ | 毎日がブラックマンデー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84350/42674479

この記事へのトラックバック一覧です: 任天堂 恐ろしい子:

« リーマンショックも萌え系銘柄は影響薄? | トップページ | 毎日がブラックマンデー »